一般社団法人家財整理センター

健全な家財整理サービス業界を目指して正しい情報を配信しています

家財整理事例

相続人同士がもめた遺品整理のご利用

相続人だからといって勝手に一人で故人の部屋に立ち入らない 以前に何回もご利用いただいているお客さまからのご連絡でした。今度別のところで遺品整理をお願いしたいのですが、ご都合は、いかがですかという。その後一か月ほどたって連絡をいただきました。…

任意売却で家財の整理のご利用

ローンの支払いができなくなったら任意売却がお得です 本人の経済状況が悪化し、住宅ローンやその他の借金の支払いが不能になると、所有の家やマンションを売却しなくてはいけなくなります。本人が住宅ローンや借金を支払いせずにそのままにしてしまうと、不…

すっきりした部屋の家財処分のご利用

後悔しないためにもなるべくご自分たちで片付けましょう 現地に見積もりにお伺いすると、衣類や生活用品が片付けられ、大型家具や家電などが残されている程度の片付けもあります。片付けの基本は、ご自身やお身内の方が行うのが好ましいのです。なぜなら、や…

物を捨てないお年寄りの家財整理のご利用

お年寄りの荷物整理は、無理に進めないようにしましょう 親の一人暮らしが心配になると子供たちは、自分たちの家に引き取ってお世話をするか、施設に入所させ面倒をみていただくことを勧めます。その中でも他人から世話を受けることを嫌うお年寄りも意外に多…

危ない片付け業者から身を守る防御と対処法

家財整理 国民生活センターに寄せられたトラブル事例 見積後契約をせかされた 契約をしたが、作業が始まらない 解約を申し入れたら高額の違約金を請求された 作業途中で見積り以外の追加料金を請求された 処分しないように言ったものまで処分された 国民生活…

贈与によって取得した実家の売却のための家財処分のご利用

古家の家財処分 認知症が進む前に住宅の譲渡を受けて家財処分のご利用 認知症が進行すると成年後見人を付けなければ、家を売却し、老後の生活資金に充てることは、できません。このような場合は、まだ、正常な意思決定ができるうちに、家族信託制度を利用し…