一般社団法人家財整理センター

健全な家財整理サービス業界を目指して正しい情報を配信しています

生前整理

痴呆が進む前に家財整理のご利用

相続時精算課税制度のご利用について 痴呆が進むと成年後見人を付けないと不動産を売ることができなくなり老後の資金に支障が生じます。成年後見人は、一般に司法書士さんや弁護士さんが選任され、一度選任されると毎月報酬を支払わなくなるばかりか、不動産…

空き家の片付けと庭の手入れのご利用

空き家の片付けは、荷物の処分から枝の伐採・草刈まで 一人暮らしの主が病気で入院し、もう家に元って暮らすことはない、すでに空き家となった家の家財を整理して、少しばかりの思い出の品をご本人の希望で残します。台所は、どのように仕上げますかと、ご依…

物を捨てないお年寄りの家財整理のご利用

お年寄りの荷物整理は、無理に進めないようにしましょう 親の一人暮らしが心配になると子供たちは、自分たちの家に引き取ってお世話をするか、施設に入所させ面倒をみていただくことを勧めます。その中でも他人から世話を受けることを嫌うお年寄りも意外に多…

親の生前整理を半年かけてご利用のケース

親の生前整理の勧めは、根気が大切です 親が高齢になり、施設に入所されたり、子供さんが一人暮らしをさせるのが心配で引き取って世話をすることもあります。そうなると子供さんは、相続のことを考え始め、親の生前整理を徐々に行います。しかし、親子の関係…

高齢者の生前整理のお手伝い

生前整理 生前整理は、元気なうちに進めましょう 生前整理とは、生きているうちに死後のこと考えて身の回りのことを整理することです。最近一般的な言葉として定着した言葉です。遺言書やエンディングノートを作ったり、身の回りの荷物を整理したりして、自…

生前整理で荷物の整理と不用な家具片付けの利用

お客さまに進み具合に歩調を合わせるのが大切 最近多く使われるようになった生前整理は、元気なうちに残りの人生を自分らしく生きるための物や記録の整理をいいますが、マンションなどで大きな家具や物がいっぱい詰まったお部屋を整理して要らない物を処分す…