一般社団法人家財整理センター

健全な家財整理サービス業界を目指して正しい情報を配信しています

離婚で置いていった荷物の片付けのご利用 x

f:id:oono1019:20210225143405j:plain

依頼者の代わりに残した荷物の引き取りにお伺い

片方の方が手荷物をもって家を出て離婚するということがあります。その後弁護士さんに依頼して離婚調停という流れもあれば、弁護士さんを介さないで離婚が進められることもあります。いずれのケースでも一緒に生活をしていたため離婚の詰めの最後には、「荷物は、どうするの」という話が持ち上がるようです。私たちが関与するのは、この荷物の処分の手伝いですが、一方が荷物を置いて別のところで生活している場合は、荷物の処分を私たちに多くの場合当事者間がいがみ合っているケースが多いのです。顔を見たくない、話せば、すぐに喧嘩になるのでしょう。そこで、荷物の引き明けと処分を私たちに依頼がきます。依頼者の多くは、部屋を出た方からです。こちらも相手が留守中に入って物を出すわけにはいきませんから、相手方の了解の上、立ち合い搬出する必要があります。私たちは、依頼者から、撤去する荷物のリストをいただき、先方に依頼をお受けした旨を伝えます。現地では、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」のことわざがあるように、厳しい視線の中で、失礼がないように作業いたします。厳しい視線はともかく、ご依頼者には、回収する物のをはっきりリストにしていただき現場でトラブルが起きないようにしてお受けしています。

 

北区で離婚を考え出て行った奥様からの依頼

 

 

今回は少し特殊な例をご紹介します。依頼人は離婚調停中の奥様からで、離婚を考え、夫と住んでいた家に荷物を置いたまま娘の所に身を寄せているが、家に置いてきた荷物を運ぶのと、要らない物の処分をお願いされました。夫とは顔を合わせたくない、ということで鍵を預かり、こちらは一応旦那様側の了解も取って荷物処分をすることになりました。当日はご主人が在宅の間に伺うことになりました。また、奥様側からは要る物と不用品のリストアップも紙にしてもらい、いつでも連絡が取れるようにお願いしていました。当日伺うと、険しい顔をしたご主人が玄関先で待っており、私たちは一度ご説明していたのですが再度、奥様に依頼されて荷物の処分に来たことを話身分証明もしました。やっと中に入らせてもらえましたが、時間が限られている、ということで大急ぎで荷物をまとめました。幸い、不用品も要る物も限られており、ミシンや婚姻時に持ってきた着物や宝石などをまとめ、不要なドレッサーや家具などはトラックに急いで運びました。衣類などは選んでいる時間はありませんでしたのでざっと箱に詰め、後に奥様自身で選んでいただくことにしました。がらんとした部屋にご主人が佇んでいる姿が印象的でした。

おすすめサイト:荷物処分のライフサービス

 

世田谷区で離婚で元旦那の荷物処分のご依頼

担当:片付け屋ライフサービス板橋店
事務職に就く40代の女性からお電話がありました。ご主人と離婚が決まり、6ヵ月前からご主人は新しい場所で暮らしているそうで、自宅に残るご主人の荷物を片付けて欲しいと言います。元ご主人の荷物の処分については、すでに了解済とのことでした。女性は、毎日仕事が忙しく片付ける時間もゴミを出す時間もないし自分では、片付ける気持ちもないといいます。スタッフにすべて任せたいと言います。そのお電話で見積もりや作業の詳細を女性へお伝えしました。すると、女性は他の業者と比較してから、改めてお願いしたいと言い、そこで一旦電話を切りました。1週間後、女性から当社に依頼したいとお電話がありました。当社を選んだ理由は、他社さんより当社の方が時間の融通利き対応が良いから、と言われました。さっそく、スタッフが2名で女性の住むマンションへ向かいました。片付けるお部屋は、元ご主人の書斎です。6畳程度の洋室でした。豪華なオーディオ機器やテレビがある他、ソファーやテーブル、衣類などが無造作に置いてありました。スタッフは、それらの荷物をトラックで運び出しました。その間、女性はリビングで休んでいました。数時間後、スッカリ荷物がなくなった部屋を見た女性は、これで気持ちもスッキリサッパリしたと言い明るい表情になりました。


 

越谷市で離婚調停中で荷物処分のご利用例

担当:片付け屋ライフサービス埼玉
慎重・丁寧な料金の明細でご納得いただきました

50代のご夫婦でした。旦那さんは、家を出て1年以上たっていました。家は、奥様の所有のようで、弁護士間で離婚調停が進み、後は、旦那さんの荷物を処分することで話がまとまるとのことでした。ご連絡は、旦那さんの方で、弁護士さんから荷物を処分するようにと促され、メールで連絡をいただきました。内容は、外の物置の荷物の処分、自分が使っていた部屋のある旦那さんの荷物の処分です。メールである程度お知らせ頂いたのですが、料金を確定させるまでは、至りませんでしたので、現地で見積りすることになり、旦那さんから先方の奥さんに「現地見積もり」の承諾を取っていただき、現地見積もりを行うことにいたしました。伺うと、やはり、お互いの悪口を聞くことになりました。こちらもどちらの味方もできませんが、当たり障りなく、奥さんに、確認をしていただきながら、見積もりを進めました。結局、当初旦那さんから聞き取った内容と異なり、費用も当初の倍近くなりました。旦那さんには、先方から、ここの部屋は、これと。これも処分といわれた旨の明細を書き留めて料金をご案内いたしました。結果は、1週間ほどかかりましたが、「これで離婚ができるなら」ということで正式の依頼をいただきました。作業は、3名トラック2台使用して4時間程で終了し旦那さんに無事終わったことをお伝えし完了になりました。

 

江戸川区で離婚で置いていった荷物の片付けのご利用 

離婚はまだ成立していないが、出て行った奥様と子どもたちの荷物の処分をお願いされました。依頼人は離婚調停中の30代の会社員で半年ほど前に奥様が子どもを連れて実家に帰ったっきり、荷物もそのままで暮らしていたそうです。何回も話し合っている最中だそうで、なかなか離婚の話がまとまらず、とりあえず半年もたったので弁護士を通じて荷物はどうするか尋ねたところ、処分していいということになったそうです。また、依頼人は仕事が忙しいので不在での荷物処分をお願いされました。現在依頼人が使用している布団や机、家具類、パソコンなどは当然動かさずそのままにしておいて欲しい、ということで主に処分するのは使用していないベビー布団やベビーカー、三輪車や子どものおもちゃ、奥様の衣類などでした。あらかじめリストアップしておいてもらい、処分を進めました。奥さまの衣類などは見るのも嫌だったようで洋服ダンスから出し、段ボールに突っ込まれていました。荷物処分の了解は奥様側にとったことをしっかり確認してからの作業になりました。