一般社団法人家財整理センター

健全な家財整理サービス業界を目指して正しい情報を配信しています

お部屋の中で病気や自殺で亡くなった場合の家財整理のご利用 z x

f:id:oono1019:20210121072633j:plain

事件性がないことがわかるまで、部屋に入ることは、できません

連絡が取れずに警察官立ち合いで部屋に入り、遺体が発見された場合は、その後の指示は、警察から受けますが、知人やお身内の方が、お部屋でなくなっているご遺体を発見したときには、警察の調べが終わるまで、遺体に触れないこと、部屋もそのままで整理などしないようにしましょう。これは、警察官が、事件性の有無を調べるものです(検視といいます)。確認と決論が出るまでは、ご親族でも部屋に立ち入ることができません。その時警察官は、財布、貴重品の確認も行います。ほとんど、財布やタンス預金も発見されます。ご遺族が遠方で、私たちに家財整理を依頼したいときでも警察官が事件性がないから、入って良いという許可がないと立ち入ることはできません。急ぎの時でも私たちは、ご遺族のご一報をいただくまで、スタンバイしますが、その期間は、2~3日であることもありますが、1週間も待つこともあります。

 

katazukecenter2.com

さいたま市で孤独死された高齢者のゴミ屋敷の片づけ

 
担当店:dcy板橋店
さいたま市の郊外にあるアパートで孤独死した独居老人の方の部屋を片付けた例です。アパートは郊外の住宅地にあり、亡くなられた方は近所づきあいなども全くしてなかったそうです。大家さんが遺体を発見されたのは亡くなってから1か月ほど経ってからで、異臭が漂って近所の方が気付いたそうです。こういう孤独死される方は自分自身の生活に対してやる気をなくし病院にもいかず、ご近所とも接触せず、掃除もしない生活になっている場合が多いです。です。また、こういった人には他人にかまわれることを極度に拒否する傾向があり、重度の場合はうつ状態となり自殺してしまう人も出てきてしまいます。今回はお持病が悪化し、誰にも助けを求めることができずに亡くなったのですが、こういった部屋の片づけには特殊な技術が必要になります。亡くなってから発見まで1か月ほど経っていましたので部屋には強い腐敗臭が漂い、また、傷みによって部屋が汚れており、その上ゴミが膝丈まで積まれている状態でした。まずは腐敗した食品などのごみを全て片付け、家具なども運び出してから特殊な薬剤や技術を駆使した清掃を行いました。その現場に適した方法で、室内をきれいな状態に回復させました。
 
流山市で自殺現場の家財整理

担当店Dcy市川店
離婚調停中で札幌の実家に帰っていた奥さんからのご依頼です。警察から、旦那さんが亡くなったということで、睡眠薬を大量に飲んで自殺の疑いということでした。ご遺体は、近くの親が引き取り、埋葬などを行ったとのことです。しかし、先方は、部屋に残っている家財と部屋の解約処理については、関与しないから、そちらで行うようにということで、ご本人は、不本意ながら行うことになったとのことです。遺体の発見は、1週間くらいたっていたため、異臭が気になり、病死と異なり、自殺では、原状回復など迷惑料の請求が不安とのことでした。賃貸契約は、ご主人で保証人は、奥さんです。このケースの迷惑料は、決まった取り決め、法律もはっきりしていないので、こちらもわからないとお答えし、とりあえず、速やかに部屋の荷物を撤去することが良いでしょうと、アドバイスいたしました。部屋の家財を全て撤去するには、当店では、12万円ほどとお応え。すると後日、管理している不動産会社から、当店でも片付けを行うという話になり、料金は、14万円でした。私から、今後迷惑料の配慮にもプラスに働くかも知れないので、不動産屋さんに頼んだほうが。良いでしょうと。手を引きました。
すると、後日、部屋に無断で入り、テーブルに置いてあった通帳を覗かれたなど。信用できなくなっり、結局、当店でお受けすることになりました。
室内に入ると、室内に冷房が効いていたようで死後1週間たって発見された割には、異臭は、ほとんどしていませんでした。作業は、無事に3時間で終了し、その日に実家がある札幌に帰郷しました。
 

 蓮田市でアパートで亡くなっていた方の後の片付け


担当:片付け屋ライフサービス桶川店

蓮田市の一人暮らし用のアパートの部屋を片付けました。このアパートでは1週間ほど前にケースワーカーの方が訪ねた所部屋で孤独死されていることが分かり、その後の部屋の片づけを困った大家さんから依頼を受けました。発見されたのは市のケースワーカーと職員だったそうですが、すぐに大家さんと警察に連絡が入り、事件性がないと分かるまで2日ほどかかったそうです。その後の残された家財などは親戚も居ない方だったのでどうすることもできず、結局部屋を管理している大家さんが困って当店に依頼されました。部屋はワンルームの和室で荷物も少なく畳などは大家さんの方で全部替えるとのことでしたので2日で見積もって伺いました。お部屋に入ると勿論死体はもうなかったのですが、流れ出た体液の跡が畳に少し残っていました。また、何となく死臭も漂っていましたので作業用マスクを着けて行いました。家具は殆どが安物の軽いもので運び出すのに1日で終わりました。次の日は部屋の清掃を徹底して行いました。畳とクロスは替える、ということでしたので水回り中心に除菌も含めて実施しました。普段から掃除はあまりできていなかったようで水垢が酷く落とすのに時間がかかりました。

 

 

越生町で一軒家で自殺された後の片付け


担当:Dcy入間店

越生町の一軒家で高齢男性が自殺されていた後の部屋の片づけをお願いされた事例です。発見されたのは近所の方で、新聞が1週間以上溜まっているのを不審に思い、町内会長さんなどと相談して家に入ろうとしましたができず、警察に通報されたそうです。すぐに警察が家の外に立ち入り禁止のテープを貼り、遺体を運び出し事件性がないと分かってから親戚の方に連絡がいきました。親戚の方と言っても長年付き合いもなかったそうで、残された家財整理を当店に依頼されました。その際に現金や貴重品、土地の権利書などが出てきたら連絡して欲しいと言われました。当日はスタッフ3名で立ち合いなしで作業に入りました。小さめの家で、荷物は多くはなかったのですが、衣類や生活用品、家電や家具などは全て処分するために運び出したのでトラック2台分の荷物になりました。また、引き出しの中などはとても綺麗に整理されており、親戚の方から言われていた権利証などはすぐに見つかったのでその場でご連絡差し上げました。その後、その家は解体して売却する予定だと最後に言われました。

 

katazukecenter4.com