一般社団法人家財整理センター

健全な家財整理サービス業界を目指して正しい情報を配信しています

個人情報の漏洩が心配なゴミ屋敷片付けのご利用

f:id:oono1019:20210225143847j:plain

正規雇用社員のみで運営で安心していただけます

当社のような片付け業者に依頼するときに気になるところ、心配なところに「個人情報の漏洩」があります。お客さまの中に、個人情報大丈夫ですか?と尋ねる方もおります。勿論、大丈夫とお答えしますが、創業以来個人情報が漏洩し問題を起こしたことは、ありません。個人情報が漏洩するとしたら、多くは、不法投棄が原因です。不法投棄は、回収したゴミを役所のゴミ置き場に捨てたり、山林に捨てたりし、発見者がゴミの所有者を探すために袋を開けゴミの所有者を特定します。正規の廃棄物処理業者では、ゴミは、トラックに積み、処分場に持ち込まれるから、皆様の名前が記載された書類も一般の方が目にすることはありません。個人情報の漏洩で一番心配なことは、お客さまの住所や名前でなく、お部屋でお仕事を行うことで知りえる情報です。知りえる内容は、①家族構成②趣味③性格③職業④所得⑤カード使用履歴など知ることができます。これらは。通販会社や悪さを生業にしている会社にとって大いに有益な情報になると考えられます。もし、作業員の中に、アルバイトや下請けスタッフなどがいて、一回きりの手伝いなら、流用もあり得ることと思います。当店では、下請けやアルバイトを使用せず、すべて身元がしっかりした社員のみで運営していますから、悪さをして会社を解雇されるリスクを冒すものはいないのです。ご安心してご利用いただけます。

 

川口市で個人情報の流出を避けたいゴミ屋敷

川口市にある事務所を畳むということで畳む前に事務所の片づけをして欲しい、というご依頼でした。当日は立ち会うことはできないのだが、個人情報に関しての資料などが多いので取り扱いに注意して欲しいことが一番だと言われました。依頼人はかつて行政書士の事務所を開いていたらしく、お伺いした事務所には膨大な量のファイルや資料が山積みになっている状態でした。それらが一応キャビネットに積まれてはいるのですが、入りきらないファイルは他の本棚にも詰まれ何がどこにあるのか全然分からない状態でした。今回は全て処分していいと言われていましたので、それらを一旦トラックで運び出し、個人情報関係の物は特別契約している廃棄物処分場に持ち込みました。当店では個人情報の管理も万全にしており、外部に流出しないようにしっかり管理しております。今回も資料の運び出しから処分まで一貫して管理いたしました。事務所の全ての資料などを運び出した後、不要なキャビネットなども運び出し、床をクリーニングして仕上げました。

 

 

oono1019.hatenablog.com

 

 

中野区で名簿や名刺、個人情報があふれるワンルームマンションの片付け依頼

担当:Dcy豊島店

ワンルームマンションの片付けをお願いしたいと男性からお電話がありました。そのワンルームは、数年前まで会社の事務所として使われていました。そのため、名簿、名刺、給料明細などの書類があり、自分でシュレッダーをかけることもできず、非常に困っているといいます。これらの書類は、名前や住所などが入っているため個人情報です。もし悪意のある人の目に触れると、悪用される恐れがあります。スタッフは、お客様に安心して頂くため、「書類の取り扱いに細心の注意を払うこと」「身元がしっかりした社員のみで個人情報の処理を行うこと」などを丁寧に説明しました。その後、見積もりなどを提示し、正式な依頼が入りました。後日、スタッフ2名で現地へ向かいました。ワンルームマンションは、玄関を入るとすぐのところに小さなキッチンがあり、その奥はデスクやイス、キャビネットや棚などがあります。周辺は書類が散乱しており、名簿が山積みとなっていました。スタッフは、大量にある書類や名簿を、他人に見られないように段ボール箱へ詰めていきました。それが終わると、段ボール箱をトラックへ運びました。最後に、床掃除をして仕上げました。スピーディーに片付けができたとお客様に喜んで頂きました。

 

 

富士見市であちらこちらから出てくるハガキやDM、実家の片付け依頼

担当:Dcy所沢店

お母様が暮らす家の片付けを手伝ってほしいという依頼を受けました。依頼主は50代後半の娘さんで、同居はしていませんが、近くに住んでいるといいます。スタッフはお電話で作業内容を説明し、お見積りを提示しました。娘さんに了承を得た後、スタッフが現地へ向かいました。スタッフが到着すると、すでにお母様と娘さんが一緒に片付け作業をしています。80代後半のお母様は軽度の認知症です。お母様自身で片付けをするのは、簡単なことではありません。特に、書類の管理が難しく、年賀状、暑中お見舞い、請求書、DM、チラシ、新聞紙などがあちらこちらに散らばっています。なかには、裏紙として利用し、メモが書いてあるものもあります。スタッフも、いざ、片付けをスタートすると、書類を仕分けるだけで手間がかかります。娘さんに、必要な物なのか、それとも捨てる物なのか、一つひとつ確認しながら対応していきました。仏壇の隅っこからは年金の情報が記載されている書類が、テレビ台からは住所や名前などが書かれたDMが出てきました。これらの書類は、個人情報なのでスタッフは慎重に扱いました。その後は、不要な家具や家電を引き取りました。最後に掃除をして仕上げました。

 

katazukecenter3.com

 

杉並区で元事務所にある顧客名簿などの処分

担当:Dcy板橋店

若い頃に自分で事業をされていた方からのご依頼でした。化粧品の販売業を委託された事業だったそうなのですが、店を畳んで10年以上経ってそろそろ事務関係の物を片付ける必要が出てきて、当店に依頼を決めたそうです。自分達だけでは処分しきれない大型のキャビネットや顧客名簿などがある、と見積もりの段階で言われました。特に顧客名簿に関しては流出して何か大事になってはいけない、としっかり処分してもらえるところを探していたそうです。当店のスタッフは身元がしっかりしていますので安心して任せてください、と伝えました。当日、依頼人も一緒に作業に入りました。まずは重要な書類類をキャビネットや棚から全部出し、まとめて外部に漏れないようにしてトラックに運び出しました。これらは処分した段階で再度依頼人に連絡することも約束しました。また、空になった棚、事務机、椅子などもトラックに積み込みました。床はかなり埃っぽくなっていたので簡単に掃除させていただきました。空になった元事務所は借り手が見つかり、リフォームしてダンス教室に使う予定だそうです。

 

 清瀬市で、個人情報が漏れるのが心配の高齢者片付け

担当:Dcy所沢店

ご主人を早くに亡くされたご高齢の夫人からのご依頼でした。高齢になって将来のことも考えて納戸から片づけを始めようと思っているのだが、自分のことを他人にあまり知られたくなく、信頼できる業者を探している、とのことでした。また、古い食器や飾り物など横流ししている業者への不信感もあったそうで当店なら、とのご依頼を受けました。まだまだ頭はしっかりしているのですが、如何せん体が思うように動かないことも不安だったそうです。当日伺う前に一度こちらからお伺いし、納戸を見せていただき、大体の見積もりなどもお出ししました。納戸には古い家系図なども残っていたのですが、残された親族も僅かなので写真だけ取ってこちらで処分させていただくことになりました。処分方法なども尋ねられたので詳細にお答えし、一緒に確認しながら作業することで当店をとても信頼してくださいました。納戸にたくさん残った贈答品のタオルや新品の食器などはフリマやバザーなども提案しましたが、施設に引き取ってもらえる制度を利用することにされました。作業は意向を如何いながらでしたので女性スタッフ中心にし、時間をかけてなんどをすっかり片付けることができました。

 

個人情報も完璧な会社サイト

ゴミ屋敷片付け屋:引越・お掃除・探索作業・立ち合い無し・深夜早朝作業・立ち合い作業・即日特急仕上げ (katazukecenter2.com)