一般社団法人家財整理センター

健全な家財整理サービス業界を目指して正しい情報を配信しています

近隣に目ただないゴミ屋敷清掃作業のご利用例

f:id:oono1019:20210110101522j:plain

箱型トラックで中はわかりません

段ボールで出すから、目立ちません

 

近所に大家さんが住んでいるケース。また、商店街やそばにお店があるケース。また、住まいの下の階の部屋が会社やお店で目立たないようにゴミを出してほしいというご要望があります。部屋から大量にゴミを出すとどうしても目立ってしまいます。お引越しの場合でも恥ずかしいですが、引越しでなくそのまま住む方の場合では、なおさらですね。目立つ箇所は、部屋から通路を通りエントランスを通してトラックに積み込むまでです。当店の対策は、①不必要にドアを開けない、開けっぱなしにしておかない。②部屋の外やエントランス付近に袋に入れたゴミを置かない。③トラックは、箱型のトラックを使い中が見えないようにする。しかし、これでも大量のゴミが入った袋をトラックに積むのでやはり目立ちます。お客さんが強い要望で目立たない配慮の作業を望む場合は、10%の割増になりますが、部屋で段ボールに入れ、それをトラックに積み込むオフジョンを行っています。この場合ですと、外目からは、お引越し作業に見えますので、近隣対策は万全で好評です。

 

坂戸市の団地でゴミ屋敷片付けを目立たないで行いました

担当:Dcy入間店

坂戸市でゴミ屋敷の片付けを行いました。依頼主は団地に住む40代男性でした。男性が住んでいる地域はゴミの分別が厳しく、特に団地ということもあり、より強固な結束とコミュニティーが形成されていたそうです。コミュニティーに積極的に参加するタイプであれば、情報共有など便利なこともあるかもしれないのですが、依頼主はなかなか他者と交わることが出来ず、孤立した状態になっていました。陰湿なイジメがあったというわけではないのですが、ステーションに出したゴミが少しでも分別されていなければ、部屋の前に戻されるということが多々あったそうです。もともと分別に厳しい地域ではあったものの、周囲からの態度などから、だんだんとゴミを出すのが億劫になってしまいました。時間が経つにつれ、依頼主の部屋にゴミが溢れるように。ご自身ではもうどうにもならないと感じたことから、業者に頼もうと決意したそうです。 依頼主と電話で話したところ、近隣住民に目立たないように作業して欲しいとのご要望がありました。団地のマンションということもあり、スペースもなかなか取れないので、最小人数かつ短時間で作業を終えられるように、依頼主と念蜜に計画を立てました。事前に計画を立て配慮を重ね行ったため、スムーズに契約を終えることが出来ました。

 

oono1019.hatenablog.com

 

伊奈町で若い女性から目立たない配慮で作業依頼

担当:片付け屋ライフサービス桶川店

伊奈町の郊外にあるマンションに住む依頼人からのご依頼でした。まだ若い女性だったのですが実はそのマンションは何部屋か会社の借り上げ社宅になっており、同じ会社で働く同僚も同じ階に居るので部屋に溜めてしまったゴミをどうにか目立たないように処分したい、とお願いされました。平日は休みが取りにくく、土日は同僚たちも休みなので早朝ゴミを取りに伺うことになりました。早朝ですので他の部屋の住民の迷惑にならないようにしなければなりません。女性は元々仕事は好きだが家事が苦手なようでゴミもまとめることはできるが仕事の時間とゴミ出しの時間が合わず、休日は寝過ごして出すことを忘れてしまいどんどん部屋に溜まっていったそうです。当日早朝お伺いしたとき、ゴミは玄関まで運んでくれていました。ちらっと部屋の中が見えましたが、片付けも苦手なようで衣類や書類などが床一面に散乱している状態でした。念のため玄関先でゴミは段ボールに詰め込み見えないようにして運びました。1階に停めた箱型のトラックまで何往復かしてゴミを全て運び出すことができました。

 

瑞穂町で短時間で速やかに作業を終えた例

担当:Dcy入間店

一般の方がゴミ屋敷を片付けようとすると、大きな労力が必要で、周辺の方にも片付けをしていることがバレてしまうことが多いです。今回は瑞穂町の郊外の一軒家に溜めてしまったゴミを早急に片付けて欲しい、というご依頼がありました。私たちのようなゴミ屋敷の片付けのプロの業者であれば、極力目立たないように、細心の注意を払って作業を進めることができます。依頼人からはできるだけ短時間で静かに作業を終えて欲しい、と言われました。今回の依頼人は平家に住む70代の女性で旅行が趣味で家を留守がちにしているのにプラスして普段からゴミ出しをあまりしておらず一部屋がごみ屋敷状態になっていました。生ごみなどはきちんと収集日に出していたのですが、缶や瓶、紙ごみ、段ボール、食器類などのゴミを出すことができず部屋にはそれらのゴミが山積みになっていました。総長は目立つということで平日の午後作業に伺いました。トラックを前に停めると目立つので少し離れた公園の前に停め、ゴミは梱包して分からないようにし運び出しました。少し離れたトラックまで運ぶのが手間でしたが約1時間で作業を終えることが出来ました。依頼人はゴミを見るのが嫌で家を留守がちにしていたがこれからは少しずつ掃除もきちんとしていきたい、とおっしゃっていました。

 

おすすめサイト

ゴミ屋敷の片付けは、親切な相談・丁寧な作業のDCY (futabanet.biz)

 

羽生市で趣味で集めた雑誌類の処分を目立たないように行った例


担当:片付け屋らスフサービス桶川店

 

羽生市の一軒家に住む男性からのご依頼でした。実はアダルト系の雑誌を集めるのが趣味で家の中に系統の雑誌が沢山あるのだがだんだん趣味も変わりあまり興味がなくなったのでこの際に一気に捨てて部屋の中を片付けたい、というご依頼でした。電話でお話を伺っていると「物が物だけに絶対に近所の方に見つかるのが嫌なので・・・。」とご相談を受けました。そこで私たちはなるべく音を立てずにお片付けをし、あまり目立たない時間帯に作業を行うなど、お客様のご都合を考慮して作業をすることをお伝えしました。依頼人と相談の上周囲が暗くなった夜の20時くらいに作業を開始することにし、トラックは依頼人が普段車を停めている場所を開けてもらってそこに停めて縁側からゴミを出すことにしました。縁側からトラックまではすぐですがそれでもゴミの内容を見られることを考慮してあらかじめ雑誌類は全て用意した段ボールに詰めることにしました。トラックの荷台も囲いをして外から見ても分からないように工夫もしました。当日、ある程度雑誌類は一か所にまとめていただいていたのでまずは段ボールにどんどん詰め込み、荷台に積み込む作業です。荷台に載せるときも大きな音が立たないようにそっと気を遣って積み込みました