一般社団法人家財整理センター

健全な家財整理サービス業界を目指して正しい情報を配信しています

入院で発覚したゴミ屋敷清掃のご利用 a

f:id:oono1019:20210225143824j:plain

ゴミ屋敷はお任せ
お部屋のお掃除もご利用できます

ゴミ屋敷になってしまう人は、うつ病、強迫性障害などの様々な原因があるようです。ゴミが詰まった部屋で生活していると持病なの悪化などで緊急入院することも珍しくありません。親・兄弟などが連絡取れないのを心配になって部屋を訪ねてゴミの中で朦朧としているところを発見され。入院になり、お身内の方が、部屋のゴミの片付けを依頼するケースもあります。その後回復されるのを待って、残すものを決めていただき、私たちで部屋のゴミ撤去するように依頼されます。このようなケースは、決してお年寄りばかりでなく、第一線で活躍しているサラリーマンも多くおります。私たちでは、依頼をいただいたお身内の方から、退院後、こちらの部屋に住むのか、それとも部屋を解約するかを確認し、それに沿って残した方が良い物、備え付けの備品、配達する荷物の整理、段ボール詰めなどをお聞きし作業いたします。また、退院後そのまま住む予定であれば、部屋全体のクリーニングや除菌のご提案も行い、ご希望に沿った片付けを行います。


関連サイト

即日対応のゴミ屋敷片付け業者MMT


ゴミ屋敷清掃料金の詳細は、こちらから

oono1019.hatenablog.com

 

小平市で強迫性障害を患った男性のゴミ屋敷の片付け

 

担当:片付け屋ライフサービス所沢店

小平市の一人暮らし用のアパートに住む男性の家族からの依頼でした。家族と上手くいかず、一人で暮らしてアルバイト生活をしていた男性ですが、バイト先から「出勤してこない。連絡が取れない。」と家族に連絡があり、慌ててアパートを訪ねるとゴミが溜まった一室で男性が動けなくなっていたそうです。男性は若い頃から軽い強迫性障害を患っていたのですが、何とか社会生活は営める状態でした。しかし、一人暮らしになってアルバイト先でも上手くいかず、症状が悪化し、部屋がごみ屋敷状態になっていました。症状が酷いので当然アルバイトにも出勤できなくなっていました。家族はすぐに片付ける必要性を感じ、私たちの所にゴミの処分を依頼されました。合わせて部屋を退去するのでクリーニングもお願いされました。当日伺うと6畳一間のアパートには腰高までゴミが散乱し、一部はだけゴミ袋に詰められている状態でした。住人の男性は精神科のある病院に入院していました。風呂やトイレまでゴミが侵食していました。水回りが使えないと何かと片付けに困りますのでまずは水回りのゴミをゴミ袋に詰めながら運び出し、使用できる状態にしました。また、玄関までの通路も確保しました。それから部屋の中のゴミを全て外付けのトラックに運び出し、最後に水回りから部屋の床、壁まで綺麗にお掃除させていただきました。退院したらまた一緒に暮らすしかない、と家族はおっしゃっていました。

 

 

国分寺市で大家さんからの連絡で駆け付けた家族が発見したゴミ屋敷の片付け

担当:dcy入間店

国分寺市で一人暮らししている娘さんのご家族からのご依頼でした。マンションの大家さんから娘さんがゴミをきちんと出せていないようだし、家賃が滞納しているとの連絡を受け、様子を見に行って娘さんの部屋がごみ屋敷状態になっていることが発覚し、当店に片付けの依頼が来ました。ご家族によると娘さんはとても真面目で片付けなどもきっちりするような方だったらしいのですが、就職活動が上手くいかないことがきっかけで精神的に鬱になり、引きこもっていたそうです。ネグレクト状態でゴミを出さずに溜めた部屋では自傷行為なども行っており、緊急に入院することになりました。母親は祖母の介護もしており、父親は仕事も忙しく、マンションの部屋を片付ける時間が取れないことから当店にお願いすることに決めたそうです。娘さんが退院した後また綺麗に住めるようにクリーニングもお願いされました。幸い、生ごみなどは無く、ほとんどがお菓子の食べた後の袋、弁当殻などのプラスチックごみでした。また、お風呂はあまり入っていなかったのか、溜まった洋服類から少し臭いがしていました。依頼人と相談してそれらは処分することになりました。自傷行為を止めるためにも刃物などが出てきたら全て処分して欲しい、と言われましたので未使用のカミソリ、カッターの刃、なども探し出し処分させていただきました。

 

 

oono1019.hatenablog.com

 
おすすめサイト

親切、丁寧な部屋片付け (futabanet3.biz)

 

日野市で腰の骨を折って緊急入院した叔母の部屋の片づけ

担当:Dcy所沢店

日野市のアパートで独り暮らしをしていた依頼人の叔母が階段で転んで腰の骨を折る大けがをし、緊急入院することになりました。叔母は独り身で、親族で付き合いがあったのは姪に当たる依頼人だけでした。入院先に着替えなどを届けるために叔母の部屋を訪れて中がゴミ屋敷になっていて慌てて片付けを当店に依頼されました。叔母は現役時代教師をしていたのですが、退職して10年ほど経った現在どうやら認知症を患っていたようでした。見舞いに訪れても時々訳の分からないことを話す様子で、片付けてもいいか聞くとうなずきはしたそうです。退院して帰る部屋を綺麗にしてあげたいのと何より近隣の方に迷惑を掛けてはいけない、と思い依頼人はまずは自分で片付けようとしました。しかし、仕事もあり、家族も居るのでなかなか時間を取ることができず、専門業者に頼んだ方がいいと判断しました。当日は依頼人も一緒に作業することになりました。少しでも生活しやすいように、とゴミだけでなく躓きやすそうな家具などの配置も一緒に変え、水回りなどは綺麗に使いやすいように整頓しました。棚から出てきた賞味期限切れの食品類は全て処分しました。「いずれは施設に入居させなければならない。」と依頼人は暗い顔でおっしゃっていました。

 

東大和市で第一線で活躍しているサラリーマンがゴミ屋敷の中で倒れていた事例

担当:Dcy入間店

東大和市のマンションで一人暮らししていた方からのご依頼でした。コロナ関係の仕事が山積みになり、月の残業時間が100時間を優に超えて激務の中あるとき出勤してこず、連絡も何もない同僚が心配して部屋を訪ねると部屋の中で動けなくなっていました。激務が続き、家には文字通り帰って寝るだけの生活が続き、ゴミも出せなくなりそのゴミの中で動けなくなっていたそうです。どうも鬱を発症して、とりあえず検査などの為に入院、となり会社を休むことになりました。入院中も男性は部屋のことが気になり、電話で当店が依頼を受けました。本人は不在になるが、管理会社に相談して鍵の手配はしてくれ、当日ゴミと部屋の片づけと水回りの掃除をお願いされました。当日伺うと生ごみなどはあまりなく、臭いはそれほど漂っていませんでした。プラスチックゴミが主で他はワイシャツが何枚も出てきて、電話で依頼人と相談し着古した物は処分することにしました。また、台所は殆ど使用していなかったようで排水周りを綺麗にし、トイレや風呂などはカビや汚れが結構付いていましたので徹底的に綺麗にしました。男性が帰ってきたらすぐに仕事に復帰できるようにビジネスに必要な洋服や鞄などは取り出しやすく整理させていただきました。


関連サイト

ゴミ屋敷片付け屋:引越・お掃除・探索作業・立ち合い無し・深夜早朝作業・立ち合い作業・即日特急仕上げ (katazukecenter2.com)