一般社団法人家財整理センター

健全な家財整理サービス業界を目指して正しい情報を配信しています

極端に原状回復費用を気にした部屋の片付け依頼

f:id:oono1019:20210225142535j:plain

ゴミ屋敷のお掃除後

原状回復とは、入居時のようにきれいな状態に戻すことではありません

退去時の清算費用を気にする人の多くは、引越し経験の少ない人に多いようです。10年、20年と同じアパートやマンションに住んでいる人は、退去して敷金の清算の経験が少ないことと、長く住んでいるときれいに使っていてもやはり部屋は、汚れます。また、設備の一部も壊れてそのままにしていることもあります。いざ、アパートを退去するとなると、借りていた方は、退去の時に「現状を回復しなくてはならない」と契約に明記されているからです。20年も住んでいるとクロスもはがれかかり、シンクのステンレスは、さび付いている箇所も出てきます。ドアノブも壊れるなど、いったいこれを直す費用は、いくらかかり、請求されるだろうと心配になります。特に、私たちが、家財など運び出し部屋が空っぽになると傷んだ箇所は、めだちます。そこで心配になるのですが、この原状回復の定義は、皆さんが考えているものとやや異なる意味なのです。「契約に定められた使用方法に従って通常の使用をしていれば、経年劣化があってもそのまま返還すればよい。(出典:アットホーム不動産用語集の原状回復より)ということです。これで少しご安心いただけたかと思います。ただ、もし、通常の使用の範囲を超えて部屋を使っていた。例えば、壁にストレスや喧嘩で壁に穴を空けた、窓ガラスを割ったなどは、通常の使用の範囲を超えているので、負担責任があります。ただ、この場合で修理代の全額の負担は必要ありません。これは、その設備の耐用年数(使用可能年数)と残存使用年数で計算し、残存使用年数相当を借主さんは、負担することになります。これは、これに関する文献は、国土交通省による原状回復をめぐるトラブルとガイドラインで公開しておりますが、強制力あるものではありません。不服がある場合は、消費者センターで相談し仲裁していただけるので、ご利用するとよいでしょう。

参考:国土交通省ガイドラインhttps://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/honbun2.pdf

参考:国民生活センター賃貸住宅の敷金・原状回復トラブル http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/chintai.html


関連記事のご案内

oono1019.hatenablog.com

 

 ゴミ屋敷片付けを丸投げしても安心

即日対応のゴミ屋敷片付け業者MMT

 

杉並区でマンション退去時に原状回復のために清掃も頼まれた例

 

担当:Dcy板橋店

長年住んでいたマンションを結婚を機に退去することになった中年男性からの依頼でした。マンションに住まう前は実家に住んでいたそうで、引っ越しは今回がまだ2回目だったのでマンションを契約した際の原状回復ということがどこまでの原状回復なのか分からないまま不安で業者に依頼して不用品の処分や部屋の清掃を私たちの所に依頼することにしたそうです。賃貸契約の際に敷金は収めたもののそれ以上に費用がかかることを不安に思っていたそうです。きちんとした方で、片付けにお伺いする前にFAXで処分して欲しい家具のリストも頂きました。机や古いパソコン、収納ケース、古いスーツなどの衣類などがあり、それらをどけた後のフローリングのクリーニングや壁紙のクリーニングもお願いされました。当日伺っての作業もとてもスムーズに行うことができました。結婚されるので家電なども新しく買い直すなら古いものはこちらで引き取りますよ、と言うととても喜ばれました。15年以上住まわれていたそうで大きめな家具をどけると床は跡がついて凹んでいましたがこれらは原状回復には含まれないと思うことをお伝えしました。また、自分では取れなかったとおっしゃったお風呂のカビなどはこちらで特殊な化学洗剤などを用いて綺麗に落とすことができました。これで安心して引っ越しできます、とおっしゃいました。

 

清瀬市でヤニ汚れが付いた壁紙などのクリーニングも依頼された例

 

担当:片付け屋ライフサービス所沢店

長年住んでいたアパートを退去する際に要らない物の処分と溜めてしまったゴミの片づけを依頼された例をご紹介します。一人暮らしの60代の男性で転職のため引っ越すことになりました。最初に電話でお話を聞くと、どうも不用品処分だけでなく引っ越し時の清掃もお願いしたい、ということでした。詳しく話を聞くとヘビースモーカーで壁紙や天井がヤニで黄色く変色しており、それについて大家さんに大分文句を言われたそうです。退去する際に費用がだいぶかかるのではなか、どうにか綺麗にすることができないか、とのご相談を受けました。そこで、特殊な技術で出来るところまで綺麗にはするが、完全にヤニ汚れを除去することは難しいことと契約時の原状回復の意味についてもご説明しました。納得されましたので当日まずは不用品の運び出しと溜めていたビン、缶、雑誌類などのゴミをお引き受けしました。その後に壁全体を漂白しながらクリーニングしました。天井は脚立を使って掃除し、ヤニ汚れが付いた照明などは取り外して綺麗にしました。天井の桟などが一番汚れを取りにくい部分でした。一通り綺麗にしたので依頼人はこれで大家さんにもそこまで文句はいわれないだろう、と安心した表情でした。

 

行田市でペット可の物件の原状回復

 

担当:片付け屋ライフサービス桶川店

ペット可の物件でも退去時にはそれなりに原状回復をしなければなりません。今回はそんなペット可の物件を退去されることになった女性からの依頼をご紹介します。退去の際は管理会社が立ち会いを行い、リフォーム業者から出た見積もりに対して故意・過失分がどれくらいかを査定することになっているそうでした。今回の依頼人はまだ若い女性で小型犬を一匹部屋で飼っていました。仕事は水商売関係で夜留守にすることが多く、躾もちゃんとできていなかったそうで、壁や床に糞尿をまき散らしてしまうこともあったそうです。都度掃除はしていたそうですが、何度も同じ場所で排泄をしてしまっており、匂いが染みついている状態でした。また、柱や壁も傷付いており、ある程度原状回復費用はかかるかもしれない、とお伝えしました。ただ、できる所まで私たちが部屋をクリーニングして管理会社にまかせっきりにして費用が嵩むことを防ぐようにしたかったそうです。当日伺った際は引っ越しの荷物はまとめられており、犬もゲージに入っていました。確かにいつも尿をしていたと思われる壁は黄色く変色しており、こちらで漂白と殺菌などを行いました。他にも壁や床の汚れをチェックし、できるところまで綺麗にしました。

 

鴻巣市でマンションの一室の事務所の片付けと原状回復

担当:片付け屋ライフサービス埼玉

マンションの一室を事務所として借りており、この度事務所を畳むことにしたので部屋を返すのに片づけを手伝って欲しい、という依頼を請けました。管理会社の方から荷物は全部出してできるだけ綺麗に元に戻して欲しい、と言われたそうです。依頼人はコールセンターのようなものを営んでいたらしく、電話線やそのほかコード類がぐちゃぐちゃになり、床も勝手にはめ込め式の絨毯などを敷かれていました。まずは不用品の運び出しから行いました。使用しない電話機5台に机、キャビネット、シュレッダーなどを運び出し、電話線なども絡まりを取り、片付けました。基本的に机の引き出しの中などは片付けておいてくれたので助かりました。鍵がかかったままの引き出しはこじ開けると重要書類や通帳などが出てきましたので依頼人に確認してお返ししました。荷物は多くはありませんでしたがエレベーターがないマンションでしたので運び出しには半日ほどかかりました。最後に床に敷いてある絨毯をはがし、その跡を綺麗にして仕上げました。どうしても壁紙が一部剥がれたり、傷付いたりした部分は管理会社と話し合うことをお勧めしました。

 

ゴミの片付けとお掃除サイト

親切・丁寧と安心価格の掃除業者:ゴミ屋敷・ゴミ部屋の掃除 (katazukecenter.com)