一般社団法人家財整理センター

健全な家財整理サービス業界を目指して正しい情報を配信しています

相続放棄したアパートの遺品整理のご依頼 n n  n 完了

f:id:oono1019:20210225143912j:plain


 

相続放棄しても故人の遺品整理ができます

お身内の中で賃貸住宅に住む方が、亡くなった場合、故人の荷物や賃借権(部屋を借りて住む権利)を相続人は、相続することになります。相続は、お金や財産かりでなく借金も相続するので、借金が多い場合相続人は、相続放棄を行うことができます。相続放棄を行うと故人の借金を相続しない代わりに預金や財産も一切手を付けることはできません。利用の多くは、故人が商売などで借金を抱えている場合や部屋の中で自殺したため多額の原状回復費などの損害金の請求が予想されるケースです。

相続放棄すれば、アパートに残された個人の家財の処分もする必要はないと考えられます。また、ご本人のアパートの賃借権も放棄の対象ですから、故人が借りていた家賃の遅れやなどの費用も逃れることができます。ただ、相続放棄した相続人でも故人の財産を使わずポケットマネーで部屋の家財を処分することは、可能です。もし、部屋に高額な物がある場合は、注意が必要です。故人の債権者から指摘されることがあるからです。私たちは、このような相続人が相続を放棄し、ポケットマネーで支払う場合に家財の処分を行う場合にお手伝いしております。債権者から指摘を受けた際に問題がないために、お部屋にあった荷物の財産明細とその資産価値を書いた明細をお作りしてお渡ししております。万全な対策を取っておりますので、ご安心してご利用いただけます。

 

 関連記事のご案内

oono1019.hatenablog.com

 

oono1019.hatenablog.com

 

oono1019.hatenablog.com

 

自殺した親族の部屋の遺品整理

参考ブログ:1/7 相続放棄したアパートの遺品整理のご依頼

遺品の片付け処理サービス 丸投げ片付けサービス

遠い親戚が自殺した後、相続放棄した依頼人からの部屋の片づけをお願いされました。自殺の原因自体も借金でアパートの賃貸料もかなり滞納していたらしく、最後は電気やガスも止められている状態でした。依頼人は遠い親戚にあたり、依頼人以外に血縁関係の人が居ない状態だったそうです。相続は放したものの、部屋をそのままにしておくことはできず、依頼人が自身のお金で片付けることにしたそうです。当日は依頼人不在で片付けることになりました。スタッフ2名で伺いましたが自殺した後が畳に少し染みで残っていました。畳などは新しく換えると聞き、生前使用していた布団や棚、机など部屋の家財は全て運び出しました。部屋の中に高価な物などは無く、家財道具も少なめでした。市民税や国民年金などの滞納した手紙が沢山残っていました。唯一の遺品と言える日記が出てきましたので後日依頼人にお渡ししました。部屋の片付けの前の写真と片づけ後の写真、処分した物のリストも一緒に後からお渡しして完了しました。資産価値のあるようなものはありませんでしたので明細は簡単な物で済みました。

 

亡くなった親戚の部屋の片づけ

参考ブログ:1/7 相続放棄したアパートの遺品整理のご依頼

遺品の片付け処理サービス 丸投げ片付けサービス 3

離れて住む親せきが病死で亡くなった後のアパートの一室の片づけをお願いされました。依頼人は甥にあたる方で、遠くに住んでいるので片付けも立ち合いなしでお願いしたい、ということでした。ただ、部屋の中にある財産になりそうな高価な物は残して送って欲しい、とも言われました。アパートで亡くなったのは高齢の独居老人でした。患っていた心臓の病気の発作が起こり、一人でその部屋で亡くなっているのを大家さんが気付いたそうです。身内も甥御さんくらいでした。そうやら、趣味で骨とう品を集めていたそうで、部屋の中には綺麗に並べられた骨とう品の食器などが揃えられていました。まずはそれらの写真を事前に撮影し、依頼人にメールでお送りました。送って欲しい、ということでしたので丁寧に梱包して依頼人のもとに郵送しました。その後は棚や家電などを全て外付けのトラックに運び出し、大家さんから依頼人にお願いされていた通り、床や壁の染みもできるだけ落としました。引き出しから預金通帳なども出来ていましたので報告してから書留でお送りし、完了しました。

10  田舎の両親の家を片付けた事例

参考ブログ:1/7 相続放棄したアパートの遺品整理のご依頼

遺品の片付け処理サービス 丸投げ片付けサービス

相続は放棄したけれど、自分がお金を出して実家の片付けをしようと考えた男性からの依頼でした。都会で就職し、家族も持ち家も構えて生活しており離れた田舎に住む実家には年に1回程度しか帰ることができなかったそうです。定年後両親が亡くなり、今更田舎で済むことは考えられずに実家の相続を放棄しようと思われました。相続放棄は決めたものの、実家に置いてある荷物や近所の方への挨拶などが気になり、退職金を使って綺麗に片付けようと思い立ったそうです。ただ、片付けにかけられる時間もあまりなく、一人では不安に思った依頼人は私たちのところに依頼を決めました。日程を調整し、当日見積もりも兼ねてその家で会うことになりました。時間が無い依頼人は見積もりを出してすぐに了承してくれ早速作業に取り掛かりました。家の中には古い家具や仏壇、何組もの座布団や布団などがたくさん出てきました。依頼人が小学生のころ使用していたランドセルまでまだ置いてある状態で片付けには時間がかかりました。前半だけ依頼人と一緒に片付け、後半片付けたものは写真と一緒にメールで内容をお送りしました。完了時にお依頼人から

「相続放棄したけれど、自分のお金で部屋を片付けて精神的にも納得でき良かった」と言っていただけました。

 

絶縁状態だった父親の部屋の片付け

参考ブログ:1/7 相続放棄したアパートの遺品整理のご依頼

遺品の片付け処理サービス 丸投げ片付けサービス 

縁を切った父親が死亡し、借金も背負っていたので相続放棄した息子さんからの依頼でした。亡くなった父親が住んでいた賃貸アパートの大家さんとは知り合いで迷惑を掛けたくないので借りていた部屋の中の片付けだけでも自分がお金を出してしようと思ったそうです。ただ、息子さんは仕事が忙しく、なかなか片付ける時間が取れないので当店に依頼を決めました。鍵は息子さんから大家さんに話しておいてくれ、当日私たちが受け取りました。面倒見の良い大家さんで郵便受けなどの中はもう綺麗にしておいてくれ、駐車場が無かったのですが自分の家の駐車場を貸してくださいましたのでトラックをそちらに置くことができました。中に入ると既に電気、ガスは止められている状態で水道だけは何とか使えました。荷物は全体的に少なく、高額な価値がありそうなものなどもなさそうでした。息子さんは父親に愛情は全くなく、荷物は全て処分してくれ、ということでした。また、

処分リストなども必要ない、と言われました。立ち合いなしでしたので一応片付け前と完了後の写真だけは撮ってメールでお送りしました。

 

12 出て行った母子の部屋の片づけ

参考ブログ:1/8 大家さんから賃貸人の残置物処分のご利用

残置物処分 丸ごとゴミ処分 便利屋 

賃貸アパートの大家さんからの依頼でした。2階建てのモルタルのアパートの2階に住む母子がどうやら荷物を置いて出て行ったらしいのだが連絡もつかず、家賃も滞納している状態なので中に残った荷物を処分して欲しい、ということでした。はじめは中に残されたゴミの処分をお願いされたのですが、電話が繋がったそうで荷物も含めて全て処分していいということになりました。生活用品や家具などはそう大きなものは無かったのですが、ゴミを部屋の中に溜めていたらしくゴミが沢山残っていました。ゴミ袋に詰められてはいたのですが中身はぬいぐるみや子供服、生ごみからプラゴミ、電池が入ったままのこどものおもちゃなど全く分別されていない状態で結局私たちの方で大まかに分別し直す必要がありました。ゴミの分別だけで丸一日かかりました。ゴミを外付けトラックに運び出した後は家財道具一式も運び出すことになりました。2階建てで、階段が狭く少し危険でしたので布団などは窓からロープで縛って降ろす方法を取りました。3日ほどかけて荷物を綺麗に処分できました。