一般社団法人家財整理センター

健全な家財整理サービス業界を目指して正しい情報を配信しています

実家のゴミ片付けとお掃除のご利用 a 4

f:id:oono1019:20210105112338j:plain

実家の片付けとお掃除

実家の清掃後は、再発防止対策もお忘れなく行いましょう

久しぶりに実家に帰ったらゴミ屋敷になっていた。一人暮らしで坂の下にあるゴミ置き場にゴミ捨てができないでゴミを溜めてしまった結果でした。買い物やゴミ出しが困難なお年寄りの特徴は、食品や生活雑貨の買いだめです。お世話が行き届かなくなった結果ですが、まだ、公的な介護保険サービスを利用できない人も多いようです。近くに子供たちが住んでいるならお世話もできるのですが、遠くに住んでいるケースや共稼ぎですと、なかなか手が回りません。私たちに、溜まったゴミとお掃除を引き受けることがあります。ですが、私たちが清掃しても一時的なお助けでしかありません。清掃後にご家族の方と二度と起こらない対策をお話ししています。

  • 要介護認定を受けて自宅の前まで収集していただく制度を利用する。現在多くの市区村町で導入が行われています。
  • ヘルパーさんにお手伝いしていただくことも検討しましょう。

公的介護保険サービスでは、支援内容や時間で決まりがあり、自立生活に必要な最低限の介護サービスしか受けられないためよりよい暮らしをするためには、公的介護保険サービスの他に介護支援を受ける方もおります。しかし、公的保険介護に比べ保険適用外ですから、一時間当たり3,000円から5000円の費用が掛かります。

いずれにしても対策を取らないと、また、私たちに依頼することがおきれば、清掃費用が掛かります。そのまま放置すると、訪問介護のためのヘルパーさんも来ていただけないこともありますし、不衛生で近隣からの苦情も起きかねませんので、ゴミ清掃後の再発防止対策をとることをお勧めしております。

 

 

oono1019.hatenablog.com

 

 

oono1019.hatenablog.com

 

 

府中市でゴミ屋敷で介護ベッドが入らない、ご実家の片付け依頼

 

担当:dcy板橋店
最近は、入院してもすぐに退院し、自宅で介護を受けるケースが増えています。今回もそのようなお客様でした。お電話をくれたのは息子様です。お父様が退院し、家へ戻って介護を受ける予定ですが、介護ベッドを入れることができないくらい、部屋が散らかっていると言います。ケアマネジャーさんやヘルパーさんが、片付けられるレベルではないそうで、当社に依頼をしたということでした。スタッフは、作業内容や見積もりなどを詳しく息子様へお伝えしました。息子様も実家で暮らしていますが、仕事が忙しく、なかなか時間を合わせられない状況だったため、当社のスタッフだけで片付け作業することになりました。事前に、息子様から「大切な物がないか」「処分する物は何か」などを確認し、現地へ向かいました。ご自宅は、2階建ての一軒家です。1階の和室を中心に片付けをしました。玄関には、傘立て、靴、新聞などが無造作に置いてあります。問題の和室は、大きな箪笥が場所をとり、書類やゴミが入った段ボール箱がまとめて積まれていました。介護ベッドを入れるスペースをつくるため、スタッフは次々にゴミを運び出しました。その後、息子様にも荷物を確認して頂き、処分しました。

 

 

戸田市で大型住宅の片付け依頼、30年以上暮らしたご実家の遺品整理

 
担当:片付け屋ライフサービス戸田店

今回のお客様は、遠方にお住まいの長女の方からでした。お母様が亡くなったのをきっかけに、ご実家を売却することになりました。ご両親が30年以上住んだ思い出の家のため、売却するか、遺品整理するか、しばらく悩んでいたと言います。スタッフとお客様の間で、数回電話のやりとりを繰り返し、その後、当社で遺品整理を引き受けました。ご実家は、3階建て一軒家、6LDKの広々した家です。かつては、大家族だった様子です。お客様とそのご親戚、当社のスタッフ3名で作業をスタートしました。骨董品、家電製品、書籍、ピアノ、貴重品、衣類、人形などを次々に運び出します。押し入れ、収納ケース、箪笥の中など、目には見えない場所にも、荷物がたくさん詰まっているため、すべての荷物を出すのが大変でした。荷物は、丁寧に扱い、お客様とご親戚の皆さんで確認して頂きました。親戚同士で、相談しながら形見分けも同時に行います。そして、荷物の処分を進めました。荷物の処分が終わると、次はお部屋の清掃です。部屋数が多いため、一部屋一部屋、確認しながら掃除をしました。結局、2日間かけての遺品整理となりました。時間はかかりましたが、大きなトラブルもなく、作業が終わりお客様は安心された様子でした。


おすすめサイト

親切・丁寧と安心価格の掃除業者:ゴミ屋敷・ゴミ部屋の掃除 (katazukecenter.com)

 

東久留米市で長男の奥様からご連絡、実家の片付けとお掃除のご依頼

担当:片付け屋ライフサービス所沢店

今回は、50代くらいの専業主婦の方からのご相談でした。高齢のお母様が亡くなり、近くに住んでいた長男の奥様が実家の片付けを任され、当社に電話をくれたケースです。奥様は、子どもたちが学校へ行っている間に、長男のご実家に通い、荷物を少しずつ片付けていました。しかし、冷蔵庫や箪笥などの大きな荷物は、奥様ひとりでは運べません。一軒家の場合、2トントラック3台分程度の荷物になることもあります。本来ならば、奥様ひとりに押しつけるのではなく遺族できちんと分担して片付けるのが大切ですが、今回はご主人もご遺族もお仕事で忙しいという理由で、当社のスタッフ2名で対応する運びとなりました。その後、スケジュール調整や見積もりなどの打ち合わせを行い、スタッフがご実家へ伺いました。ご実家は、4LDKの一軒家です。奥様に立ち会って頂き、大きな家具や家電を運び出します。押し入れの奥からはお歳暮のタオルが、物置からは骨董品や楽器が、現金や重要な書類まで、さまざまな荷物が出てきました。スタッフは、5時間程度かけて片付けと掃除を行いました。奥様から電話1本で片付けと掃除を依頼できて本当に助かったと、最後にお礼の言葉を頂きました。スケジュール調整や打ち合わせは必要ですが、電話1本で片付けができるというのが当社を利用するメリットです。

 

羽村市で実家を空き家にして放置、お急ぎのゴミ片付け依頼

担当:Dcy所沢店

誰も住んでいない空き家は、メンテナンスができないため傷むのが早いようです。また、建物の破損や危険性などによっては特定空家として指定されて、固定資産税が大幅に上がってしまいます。家賃などがなく急ぎでない場合でも、期限を決めて空き家をどのように利用するか、考えなければいけません。今回のお客様も数年以上、実家を空き家として放置してしまったご主人でした。ご主人は、両親が亡くなった後、実家をそのままにしてしまったと言います。ご主人とスタッフは、打ち合わせを入念に行い、2日間かけてゆっくり空き家を片付ける計画を立てました。その後、スタッフ2名で現地へ向かいました。ご主人も立ち会います。スタッフが部屋へ入るだけで、ホコリが舞い上がり、息苦しい状態です。所々にクモの巣もはっています。スタッフは、窓を開け、換気扇をまわし、空気を入れ替えます。部屋と荷物を確認した後、不要物をどんどん運び出しました。1日目は2階、2日目は1階とお庭という流れで作業を進めました。部屋だけではなく、お庭の草刈りやゴミ捨てなども合わせて行います。大変な作業になりましたが、その後空き家は無事に売却されることとなりました。

 

部屋の片付けとお掃除なら

親切、丁寧な部屋片付け (futabanet3.biz)