一般社団法人家財整理センター

健全な家財整理サービス業界を目指して正しい情報を配信しています

相続放棄した家財と車の処分のご利用 z

相続放棄しても故人の賃貸保証人の責任は残ります

故人が借金を抱えていたら、相続人全員が相続放棄をすれば、預金などの財産も受け取ることはできませんが、故人の借金を逃れることができます。相続放棄は、相続を知った日から3か月以内に手続きをとります。相続放棄を行う親族の多くは、故人がクレジットや銀行からの借り入れが多い場合です。相続放棄を行っても相続人が処理をしなくては、お金のかかるケースがあります。それは、故人が借りていた賃貸住宅や車の駐車場の保証債務です。例えば、亡くなった方が、息子さんと仮定します。息子さんが借りているアパートと駐車場の保証人が、親や兄弟などの親族の場合です。部屋に残っている遺品や車は、当然故人の物ですから、相続放棄すれば、相続人は、原則関与できず売ることもできません。そのまま放置することになります。ここで、問題になるのが、賃貸契約の際の連帯保証人です。連帯保証人は、相続放棄しても賃貸契約の保証人を放棄したことにはなりませんので、部屋に荷物があると家賃が当然かかります。借りている駐車場も車がある限り賃料はかかり、連帯保証人である親や兄弟に請求が行われます。本来、相続放棄をした場合は、故人の家財や車を私たちに依頼して廃棄してはいけないのですが、明け渡しに支障が出て保証人に家賃の負担がかからないために、ご遺族の方は、ご自分のお金から片付けを依頼します。この時の注意ですが、故人が価値のあるものを所有していた場合は、債権者から「○○」は、どうしたと追及されることも考えられますので、取扱いを慎重に行います。片付けて処分する場合は、当店では、古物免許の管理者が資産明細書に資産価値0円として写真添付して依頼人の方にお渡しし、保管していただいております。

 

車の廃車についての問題

車は、ローンの残債が残っている場合は、車検証に所有者の欄にローン会社や車屋さんの名前になっていることが多いようです。この場合は、記載の所有者に引き取っていただきます。比較的新しく資産価値があれば、手を付けることはできません。しかし、古い車の場合は、解体処分することが可能です。車は、相続人が相続し名義変更を行わない限り、廃車も売却もできません。相続放棄したなら、名義変更できません。そこで、解体して放置することで解決しますが、当然、自動車税などは、発生します。相続放棄したのですから、こちらの税金も放置します。

 

相続放棄の手続きは、難しくありませんが、できるなら、司法書士または弁護士に相談するとよいでしょう。

遺品整理のご相談とご依頼は、

プロの遺品整理業者・遺品処理片付けのライフサービス (xn--vek061h1vbw31a4uqdqbs95g.com)

 

 

「マイナスの遺産を相続した、娘さんのお手伝い」

故人の部屋にある遺品には、価値のある物もあれば、全く価値のない物もあります。また、故人に借金があり、それを相続すれば、負の遺産を引き継ぐことになるのです。今回は、賃貸アパートに1人暮らしのお父様が亡くなり、娘さんがその後をすべて引き継ぐことになったケースでした。賃貸アパートの大家さんから○日までに部屋を片付けて欲しいと言われた娘さんが、大慌てて当社に電話をくれたのです。電話で、お父様のアパートの間取りや助教をお伺いし、作業内容やお見積もりを娘さんにお伝えしました。アパートには期限があるため、急いでスタッフとトラックの手配をします。数日後、片付けすることになりました。スタッフがアパートの中へ入ると、娘さんが飲みかけのお酒の瓶を集めていました。お父様はお酒を大量に飲んでいた様子です。娘さんのお気持ちは複雑だったと思いますが、スタッフは通常通り、冷静に作業を進めました。敷きっぱなしの布団、そのまわりに散らかるゴミ、すべてを処分します。食器棚、タンス、カラーボックス、テレビ、ラジオ、衣類などをトラックに運び出します。1人暮らしの故人亡き後は、お子様のご負担となることが多いのです。

 

「お兄さんのマンションを遺品整理、弟さんからご依頼」

遺品整理をするときは、慌てず急がず落ち着くことが肝心です。片付けを急いで、故人の家にある荷物を持ち帰ると、場合によっては財産を相続したという扱いになるからです。もし故人に借金があった場合、借金を相続しなければいけなくなる可能性もあります。そのような場合は、弁護士など専門家に相談されてから遺品整理するように促しています。今回は、お兄さんが住んでいたマンションの遺品整理でした。ご依頼主は、弟さんです。当社に依頼する前に、弟さんは弁護士さんに相談してきたそうです。お兄さんには借金がありましたが、弁護士さんとも相談された結果、金額が少ないため弟である自分がすべての責任を果たすということでした。当社のスタッフは、弟さん立ち会いのもと、通常通りの遺品整理を行う運びとなりました。現地は、2DKの中古マンションです。まだ、人が住んでいた名残があり、きちんと掃除されていました。弟さんから、最新のテレビや貴金属は残して欲しいという要望がありました。価値がありそうな物は売却して、借金の支払いの足しにするそうです。スタッフは、弟さんと一緒に、荷物を見極めながら遺品整理をしました。仕分けと搬送に時間がかかり、2日間かけての遺品整理となりました。