一般社団法人家財整理センター

健全な家財整理サービス業界を目指して正しい情報を配信しています

ゴミ屋敷の片付けを目立たないで撤去

近隣の住環境を考慮して最善の対策を行っています

 ゴミ屋敷の片付けで、近所に目立たないで搬出作業を希望されるお客さまも多くおります。団地やアパートの方に気にされる方が多いようですが、理由の多くは、①近所に大家さんが住んでいる②隣が神経質な人が住んでいて何かと苦情を言われる③同じ階に会社の同僚が住んでいる④人通りの多いところに搬出口がある⑤近所の職場に勤めている。などです。大量のゴミを出すとなるとどうしても目立ってしまうものです。でもご要望があれば、私たちも可能な限り対策をいたします。その対策もお客さまの周辺の環境をきちんと把握して対策を取っています。その対策の一例ですが、部屋の中でゴミを段ボールに入れて運び出す方法もその一つです。しかし、段ボールで100以上になるなら、引越しでなければ、不自然です。特に年寄りが多く住む団地では、すぐに何しているのと住人が聞いてきます。このような場合は、部屋の中で、袋に詰めておき、8時くらいから、数人係で一度にトラックに積み込みます。また、単身者が多く住むワンルームマンションでは、日中は、ほとんど住人は、勤めに出ていておりませんので、日中が狙い目です。日中や深夜でもスタッフは、極力静かに作業いたします。日中だからといって決して人がいないわけではなく、深夜仕事で日中に就寝という方もおります。夜間では、原則搬出作業を10時に終わるように段取りをとります。たまに住人から、何しているのと尋ねられることがありますが、「お掃除です」と答えています。当店では、このように近隣対策は、お客さまの住まいの周辺状況をみて対策を取っていますので、気になる方は、是非お声をかけてください。

 

 

oono1019.hatenablog.com